特別ではない売却

今住んでいる住居が手狭になってきたので売却して新しい住居に引っ越したい、投資用に購入したマンションが借り手もつかずに税金だけを納めているから売却してしまいたい、親や親族から相続した土地や家屋を所有したが今後利用する予定もないから売却したいなど、不動産を売却しようとする理由は様々です。

今の時代、このように不動産を売却することは特別なことではありません。しかし不動産売却というと色々面倒な工程を踏まなくてはいけないことや、面倒な書類手続きなどがあることで、不動産売却をためらう人も多いでしょう。しかし不動産を売却しようと少しでも思うのであれば、不動産売却の要点は把握しておくべきですし、不動産売却にはリスクが伴うということも理解しておいたほうがよいかもしれません。日々の経済状況によっても不動産の価値は変化しますし、売りたいと思った時にすぐに売れるわけでもなく、自分の思い描く高い条件で折り合いがつかないこともあるのが不動産売却です。

自分が所有する不動産物件によってもメリットやデメリットやリスクが違ってきますが、一般的なメリットというと、不動産売却をすれば現金が手に入り、ローンが残っていたら返済できますし、毎年支払っていた固定資産税や都市計画税の軽減をすることができます。一般的なデメリットとしては、不動産を売却することで仲介手数料や譲渡所得税また引越し費用等の諸費用があらたにかかることなどがあげられます。

[不動産特集]
借地権に関することなら何でも相談できるサイトです・・・借地権 相談